ビジネス・仕事

2010年8月13日 (金)

上司力を磨く (1)

●「そんなこと」で悩む若手社員

上司からすると、「そんなことぐらいで・・・・・・。」という程度の理由で辞めてしまう若手社員が増えています。
大卒では、入社三年以内に三割が離職すると統計データがあります。

実際に働き始めてどう感じたかを若手社員に調査したところ、驚くことに43%もの人が、「やっていけるか不安になった」と答えています。
仕事に真剣に向き合っているからこそ、こうした不安が解消されず、頂点に達すると、彼ら・彼女らは退職や転職を決意してしまうのです。

現在の上司には、従来の「管理」という仕事に加え、これまでの年の近い先輩が担っていた「若手の不安や焦りを取り除き、教え導く」という役割も求められています。
ところが、それができる上司は、残念ながら、そう多くはありません。

上司たちは、自分が若手だった頃の気持ちを忘れかけています。
若手にとって年の離れた上司は「話しかけにくく」「自分をどう評価しているかが気になる」存在であるという自覚がありません。
そして、それが軽はずみな「上司語」を使うことにつながり、知らず知らずのうちに部下を傷つけ、退職を決意されるまでに追い詰めてしまうこともあるのです。

■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ビジネス・仕事 | ミステリー | 書籍・雑誌